転職は慎重に!1カ月で退職した話

雑記

私の中での黒歴史‥

転職後、すぐに退職してしまった場合、その後の転職活動に影響があるのか?

などなど、経験したことを書いていきたいと思います。

すぐの退職は転職活動に影響大!

まず、履歴書に1カ月で辞めたことを書きたくない‥と

私は感じました。

それでも、後々のことを考えると書いた方が良いです。

職歴は書かなかった場合、後から発覚した時など

罰則があるのかどうか‥それとも、

バレるのかばれないのか?!

結局不明でした(;・∀・)

しかし、職歴を隠して採用された後に、何かしらのトラブルが起こっては大変です。

職歴を履歴書から消すのはやめましょう。

私も何度も書きたくない‥と考えましたが、

やはり経歴は必ず記入しました。

そして一カ月で辞めたことは必ず突っ込みっが入ります。

ですのでなぜ辞めたのかは答えられるようにしておいた方が良いです。

転職で10社ほど履歴書を送りました

履歴書だけで、半分ははじかれたと思います。

面接まで行って落ちたのが2社、面接辞退2社、内定1社です。

理由を正直に言って受け入れてくれた企業で私は働かせてもらっています。

ちなみに私の1カ月で退職した理由は

「女性だけの職場で、陰口がひどく人間関係に不安があった。」

です。

採用してくれた社長の対応としては、

「独特な職場は合う合わないありますからね。」

「うちは女性が多いですが大丈夫そうですよ。」

でした。

ありがたい限りです。

メンタルやられる前に辞めるが正解だが‥

メンタルが完全に病んでしまう前に、辞める決断をするのはとっても大切です!!!

でも入社してすぐの退職は、その後の転職に不利になってしまいます。

だからこそ、転職は慎重にした方が良いです。

私は、正社員、家から近い、で選んでしまいました。

そしてお仕事も、難しそうではなく自分にもやれそうな事でした。

自分のやれそうな事ではなく、やりたい事で選んだ方が良いと感じています。

やりたい事ならば、仕事を大切に前向きになれていたかと思います。

すぐに辞めてしまうと、どんなに嫌だと思った職場でも、

採用してもらってすぐに辞めて迷惑をかけてしまったという

自分の中にしこりも残ります‥。

いまだに、辞めてしまった職場の人にはなるべく会いたくないです。

転職に大切なのは一貫性!

私は転職5回目です。

多い方ですね‥。

ある面接では、30代後半でも大学の卒論から

直前まで勤めていた職場まで丁寧に聞かれました。

経歴を順番に聞かれた時に、自分が深く考えずに転職していることがばれました。

一貫性に乏しく、面接官の方の表情も曇っていきました。

なんだか、一貫性がないな‥?またすぐに辞めるかも?と面接官が感じたのだと思います。

そこの企業は落ちました(._.)

資格だけだと弱い

資格は、向上心のある人とは思ってもらえますが

30代後半からは、その資格を職場で使っていけるかということが

大切になります。

ただ、持っているだけでは転職の武器になりません。

ですので、仕事しながら資格の勉強をして資格を取る‥は

とても良いのですが、今の仕事、これからの仕事に資格を活かせるかどうかは

しっかり考えた方がよいです!!

諦めないで

面接まで行って落とされたり、そもそも書類選考で落とされる‥、

ショックでした。

自分を否定された気持ちになります。

でも、自分のやりたい事、働く上でこれだけは譲れない事など

じっくりと考えてみてください!!!!

諦めないで、自分のやりたい仕事を探していたら

きっと見つかるはずです。

就活中の方、応援してます!!!

それでは‥今日もお疲れさまでした(^^)

雑記
スポンサーリンク
シェアする
shirohanaをフォローする
人生の周回遅れブログ♪過ぎ去りし時を取り戻す

コメント

タイトルとURLをコピーしました